カーペット選びで知っておきたいポイント

カーペットはインテリアとしての用途だけではなく、騒音や衝撃を吸収する効果もあります。保温性も高いので寒さを防ぐためにも効果的です。ソフトな肌触りが心地よく、大昔から人は繊維を使った敷物を好んできました。繊維は肌着や寝具など、あらゆるシーンで使われています。それは繊維が人に優しいものだからに他なりません。その歴史は3000年前まで遡るとされていて、発祥地は当時のペルシャだと言われています。それがシルクロードを経てインドや中国に伝わり、そしてヨーロッパ諸国にも伝わっていきました。元々は手作りでしたが、18世紀の産業革命の頃に機械織が主流になっていきました。現在では実に多くの場所で利用されており、その多様性と機能性は素晴らしいものがあります。

素材選びも大切なポイントとなります

まずカーペット選びで大切になるのは素材です。素材によって美しさや耐久力、価格や肌触りが違ってくるからです。素材には大きく分けると「天然繊維」と「合成繊維」があります。代表的な「天然繊維」にはウールがあります。ウールは繊維の王様とも呼ばれており、非常に多く使われています。ウールのメリットはメンテナンス性に優れていることです。汚れが付きにくく落ちやすいという特徴があるので、様々な場所で使われている汎用性の高い繊維です。ウールには毛玉がよくできます。この毛玉はウールの機能であり、毛玉ができることで汚れや埃も一緒に取り除けるのです。「合成繊維」で代表的なのはナイロンです。ナイロンは摩耗に強く、安価に入手できるというメリットがあります。また光沢感があるのもナイロンの特徴です。

部屋の雰囲気やライフスタイルによって決める

カーペットを選ぶ時には色を決めることから始めましょう。まず部屋のインテリアや雰囲気に合わせて色を選びます。それが部屋の基調となるベースカラーとして大切な要素となります。白熱灯の下では暖色系がよく合いますし、蛍光灯の下では寒色系と相性が良いです。家具のレイアウトから決めるということもできます。部屋の中でどの程度の面積を占めるかを考え、コーディネイトを決めていきます。ペットや子供がいる家庭では機能性が重要です。ペットや子供が転倒するのを防止する効果がありますし、臭いや騒音も防いでくれます。ペットや子供が汚してしまっても撥水や防汚タイプにしておけば、汚れを落とすのは簡単になります。またクッション性や肌ざわりが良いものは床に敷いて横になっても快適です。