カーペットにはどんな素材があるのか

足元に敷くカーペットの素材には、一見同じような質感に見えて、実は色々な種類と特徴があります。水分を吸収しやすい物や、空気を含みやすい物であったりと、様々な種類が存在するのが特徴です。素材を踏まえることで、商品は一段と選びやすくなりますから、素材の理解を深めることが大切といえます。素材の種類が問題になるのは、主に使用中の使い心地、そして汚れが付着した場合のクリーニングの際です。手触りが良くても耐久性が低かったり、汚れが付着すると落ちにくい、といった欠点を持つことがあるので、素材を把握した上で選択するのは重要なポイントです。繊維には天然と化繊の二種類があり、それぞれ大きく分けられていますから、そこから詳細に種類の違いの良し悪しを把握すると良いでしょう。

天然素材は歴史が古く繊細な繊維

ウールやコットン、シルク等で知られる天然素材は、カーペットでも使用されることがあります。羊の毛のウールは、人の髪の毛のように柔らかい手触りと、空気を含む暖かさが特徴の素材です。天然素材なので静電気が発生しにくく、埃を引き寄せないのも利点です。しかし、虫が食べてしまうことがあるので、日常的に使う場合は、防虫加工が施されている必要があります。木綿、あるいはコットンと呼ばれる素材は、ウールと同じく身近な素材の一つです。亜熱帯地域で栽培されるこの素材には、肌に吸い付く手触りの良さに加えて、夏は涼しく冬は暖かく使える特徴があります。植物由来なので、こちらも虫に食べられる恐れはありますが、同じく防虫加工されていれば、静電気が起きにくさと共に安心の素材として使用出来ます。天然素材の中でも、シルクは高級な素材の代表で、その取り扱いには繊細さが求められます。手触りは最高クラスですが、摩擦に弱く変色しやすい特徴がありますから、人が多数行き来する場所には適さないのが短所です。水を吸収したり、紫外線があたると変色してしまので、これらを避けて使うことも注意点です。

化学繊維は天然の欠点が克服された素材

ナイロンは、誕生から歴史の長い合成繊維で、今でも使い続けられている素材です。原材料は石油と石炭ですが、耐久性や耐摩耗性が良好ですから、多くの人が利用するオフィス等で活用されています。また、水に対する耐久力が高く、繰り返し洗っても変形しにくいので、クリーニングを繰り返しながら長期間使うことが出来ます。静電気は唯一の弱点ですが、市販のカーペットには静電気防止加工が施されていますから、使用における弱点はないのも同然です。アクリル素材は、ウールに似せて作られた化学繊維で、柔らかく保湿性が高いのがメリットです。毛羽立ちやすいので、使い始めは繊維が埃になりますが、使い込むと落ち着いて埃っぽくなくなります。一方、火や高温の熱には弱いので、ストーブの近くや電熱機械と併用するのはご法度です。ポリプロピレンは、アクリルのように熱に弱い弱点はありますが、毛羽立ちや遊び毛はないので、その点に優位性があります。ただ、繊維としては比較的硬めですから、手触りが一歩劣るのが難点です。このように、天然素材と化学繊維は大きく違い、各分類の中でも素材の一つ一つは特徴が異なります。

他店より高かった場合は価格保証いってください! 専門スタッフによる丁寧な電話対応適切なアドバイスを実施スムーズなお取引迅速対応! 当社の強みは、日本最大級の品揃えで、激安・消臭・防音・撥水・輸入品など3000点以上を揃えております。 主に女性がターゲットですが男性もあり 一人暮らしの人もターゲット 都市部の方老人。 カーペット・ラグの専門通販サイトオーダーサイズ製品もあり価格品質に自信ありです。 カーペットの通販をするなら【ゆうあい】がオススメ